育児

一宮 水遊び 木曽三川公園 (三派川地区センター)

子供が暑そうだったので、一宮にある「国営 木曽三川公園 (三派川地区センター)」に行ってきました。

三派川地区って、何処だ?となるのですが、いわゆる「138タワー(一宮タワー)」のある公園です。

場所は名古屋から一宮に向かう国道22号線から西島町5丁目交差点(アマダと青山がある交差点)を北東方向に曲がり直進すれば着きます。

駐車場はタワー寄りに停めた方が便利なので、駐車場内のランダバウト(英国系でよくある円形交差点)を回り、タワー寄りに停める事がオススメです。

何度も来ているのですが、今回はレンタサイクルがある事に気付きました。

家族連れが多く来園するので、ママチャリ仕様です。

300円で借りれるので、涼しい時期はいいかもしれません。

地図の中央にある「やすらぎの池」が今回の目的地です。歩いて5-10分くらいです。

138タワーのすぐ後ろには、遊具が充実した遊び場があります。

地面が人工芝加工されており、子供が怪我しにくい仕様になってます。

138タワーの右側には休憩場があり、アイスや五平餅が売ってます。

17時には閉まりますので、軽食はそれまでにしましょう。

138タワーから暫く進むと、水着や短パンの

子供が一杯見えてきます。そこが「やすらぎの池」です。

「やすらぎの池」の周辺は木陰も多く、深くても子供の足首くらいの水深の広い人工池なので、まあまあ安心して遊ばされます。

ミニテントを持ち込んでる長時間滞在組もいます。

着替えは近くのトイレになります。

やすらぎの池のすぐ右隣には、児童遊園の広場があり、複合ジャングルジムやエア式のトランポリンの様な遊具があります。

樹脂の滑り台は蓄熱性が高いので、使用禁止になってました。金属製は滑れますが、夏場は温度を確認しましょう。

エア式のトランポリンは幼児用と小学生用に山が分かれています。

大人も比較的多いので、比較的安心して遊ばされます。

https://meirin-kan.com/wp-content/uploads/2019/06/img_6317.mov

結構、アクティブな子供は飛び跳ねています。

遊び場の近所では、移動販売しています。

クレープは比較的リーズナブルな価格帯で販売しています。

食べてみましたが、たまに食べると美味しいっすね。

今回は食べなかったが、かき氷の種類がかなりあります。

ここのいい所は、とにかく遊び場が広く、管理が行き届いている所です。

大人も安定して多いので、安心して遊ばされます。

ABOUT ME
パドレ所長
愛知県を中心に情報発信するFPエンジニア TOEIC6XX点、情報処理技術者、電気工事士など保有 マネー、グルメ、育児、旅、その他 役に立つ情報発信をします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村