育児

セレナ e-power 乗ってみてわかったメリット、デメリット

セレナの代車として、セレナe-powerが届きました。

セレナC27プロパイロットエディションから車車種としては一段上がってましたが、クルーズコントロールモデルだったのでグレードはダウンしてました。

メリット

メリットは下記の3点

  • 燃費
  • 車内移動がしやすい
  • 熱風が早く出る

1)燃費

燃費ですが、伸びる時は30km/Lとか表示は出ます。街乗りでも1Xkm/Lという感じで表示される事が多いのでC27に比べて、5km/Lくらい燃費が改善されてそうです。

2)車内移動がしやすい

セレナの特徴であった、移動出来るセンターコンソールが無くなったため、メリットとしては車内の中央移動がしやすくなり、2/3列目から助手席までの移動が簡単に出来る様になりました。

3)熱風が早く出る

C27では、冬場は10分くらいはエンジン温まるまで熱風が出てきませんが、e-power では数分で熱風が出始めます。

一方、デメリットは下記の3点。

  • 回生ブレーキが強すぎる
  • 価格
  • 8人乗りが出来ない
  • 1)回生ブレーキが強すぎる
  • e-powerは3つのドライブモードが選べ、回生ブレーキ(アクセル離した際にモーターを逆転させエネルギー回収と減速を同時に実現するブレーキ)の強さが変わります。
  • ECOモードは回生ブレーキが感覚的には通常のブレーキ並み
  • Sモードは少し回生ブレーキが強いが、まだ運転はしやすい。
  • 慣れの問題かも知れませんが、アクセル離した際のエンジンブレーキに相当する部分の強さが強くて初見だと停止位置の調整が難しいです。
  • 2)価格
  • 乗り心地と関係無いですが、価格は購入に対して、大きな要素になります。
  • e-powerとC27との値差:約e-power X 299万円、c27 X 257万円と42万円
  • 燃費差は5km/L、年間10000km走行で2000L差が出ます。
  • 2000Lx120円/L=240000円/年

    なので、よく走る人なら2年で値差分は縮まります。あとは、購入先での実勢価格と元値に比例する税金部分の総額で判断したら良いと思います。

    3)8人乗りできない

    大家族で無ければ、滅多に8人乗りにする事は無いですが、個々人の家庭事情に合わせてデメリットを感じかどうかが決まります。

    8人乗りできるC27でもチャイルドシートを2台積んだ時点で実質8人乗りはできないと思いますので、これはあんまりデメリットにならないかも知れません。

    番外として、運転席の下の部分がe-powerの方は詰まっています。

    運転中にカカトが足のポジションによっては当たるので、少し違和感を感じました。

    私はC27で慣れてしまっていたのでC27の方が良いと感じましたが、e-power も回生ブレーキに慣れてしまえば、イイのかも知れません。

    プロパイロットと室内アレンジがしやすい点ではセレナを非常に気に入っているので、次世代プロパイロットになった際に再度レンタカーか、試乗をしてみたいと思います。

    ABOUT ME
    パドレ所長
    愛知県を中心に情報発信するFPエンジニア TOEIC6XX点、情報処理技術者、電気工事士など保有 マネー、グルメ、育児、旅、その他 役に立つ情報発信をします
    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村