マネー

【お金の話】支出を減らすにはどうすればいいか(保険費)

収入を急に増やすのは難しいですが、支出を減らす事はすぐ出来ます。

先ずは減っても生活に支障が無い保険から見直しましょう。

なぜ、保険からか!

保険はお金がある程度貯まれば、不要だからです。

特に医療保険と生命保険は不要です。

日本では国民皆保険となっており、多くの人が国民保険、厚生保険、共済保険のいづれかの国民保険に入っています。

国民保険には高額医療費の補助制度があり、一月10万円程度で個人負担は頭打ちとなります。

医療保険に加入するのは二重に保険に入っている様なモノです。

生命保険も独身では不要です。相続税がかかるほど多く資産を持っていて、少しでも税金を抑えて相続したいという人以外は不要です。

但し、損害保険は自分の賠償出来ない範囲もカバー出来るので、自動車保険や個人賠償保険、火災保険は入っていた方が良いです。

保険の基本的な考え方

保険は基本的に100⇨110する様なモノではなく、100⇨60になったモノを70〜100に戻す。正確には買ったり、修理したりして原状回復するモノになります。

その原資は何かというと、加入している人の保険料になるので、不幸の宝くじとなっています。

どんだけ入院しているの

下の表は「厚生労働省の平成26年(2014)患者調査の概況」の資料です。

統計を見てみると、年間に132万人(100人に1人)が入院しています。これだけ見ると、非常に多くの人が入院しているの様に感じます。

内訳をよく見てみると、65歳以上が7割を占めている事が分かります。

つまり、1000人に30人(0.3%)くらいしか入院しません。

また、同じ人が入院している事もあるので、そう考えるとより確率は減少します。

「厚生労働省の平成26年(2014)患者調査の概況」

入院って何日くらいするの?

下の図は「厚生労働省の平成26年(2014)患者調査の概況」の資料です。

グラフを見ての通り、入院日数は65歳以下の人では20~30日です。

数値で検証

色々な保険ありますが、入院日数×5,000円支給される終身保険で大体1,500円/月です。

30日入院すれば、5,000×30日=150,000円 になります。

100ヵ月分の支払うまでに30日入院を繰り返せばプラスですが、基本はマイナスです。

まとめ

医療保険はいらない。解約して、そのお金を貯めたり、運用しましょう!

 

ABOUT ME
パドレ所長
愛知県を中心に情報発信するFPエンジニア TOEIC6XX点、情報処理技術者、電気工事士など保有 マネー、グルメ、育児、旅、その他 役に立つ情報発信をします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村