マネー

【お金の話】住居費を抑える

住居費は一般的に手取りの20-30%以下というのが推奨されています。

キャンパーも数日ならいいですが、毎日は辛いので家は普通の人なら必要です。

ただ、一般家庭では一番大きいのが住居費になります。

住居費を抑えよう

住居費を抑える方法はいくつかあります。

・収入が少ないのであれば、「公営住宅」がおススメです。

・会社に社宅や寮がある人は「社宅・寮」がおススメです。

・家の購入を検討しているなら「賃貸併用住宅」がおススメです。

公営住宅がおススメの理由

公営住宅は一般住宅に住む財力がない人に住居を提供するという名目で建てられています。

従って、収入が少ない人が入りやすく、収入に応じて家賃が変動するというシステムになっています。

そのため、家賃の割に間取りが広い家が多く、収入が低い新卒時代にはとても良いです。

また、新世帯向けのキャンペーンもやっている所もあり、各地域で優遇内容が違うので確認してみましょう。

社宅・寮 がオススメの理由

社宅や寮が会社の制度として利用できる人は積極的に利用しましょう!

会社は社宅費用の一部を福利厚生費費として計上でき、その分が従業員に実質的に還元されるという形になっています。

利用していない場合に比べ、実質的に手取りの増額が計れます。

また、利用者がいないと会社から制度が無くなるかも知れないし、いつまで会社にいるかも分かりませんので、積極的に利用しましょう!

賃貸併用住宅がおススメの理由

家をどうしても建てたいという方は、賃貸併用住宅がおススメです。

賃貸併用住宅は「自宅+賃貸物件」という形の住宅で賃貸物件である「1F」「2F」にそれぞれに出入口があるメゾネットや隣合わせテラスハウス(長屋)スタイルです。

延べ床面積の50%以上が自宅部分とする事で住宅ローンが使用出来ます。実質、住宅ローンは国の政策事業なので一般ローンに比べて審査緩く、利率が低いです。

ただ、賃貸は立地で家賃/入居率がほぼ決まりますので、そこそこ便利な立地にある事が前提になります。

ABOUT ME
パドレ所長
愛知県を中心に情報発信するFPエンジニア TOEIC6XX点、情報処理技術者、電気工事士など保有 マネー、グルメ、育児、旅、その他 役に立つ情報発信をします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村